[PLAY LIKE G.O.D.] An Escape / REN

アームを使った歌いまわしから
丸いトーンまで非常に完成度の高いカバーです。
更にバッキングやリードの合間に、
曲に沿った新しい提案もあり、
自分の曲として弾きこなしています。

弱冠18歳、高校生の演奏とは思えない!という感想はまず最初に出てきて然るべきものですが、たとえそれが無かったとしても(本当は38歳だったとしても)彼の演奏は入賞間違いなかったでしょう。
全てにおいて高いレベルで、そしてそれを存分に曲にぶつける才能とそして勢いを感じました。
素晴らしいのは、楽曲の理解度がとても高く、相反する二曲それぞれで他を圧倒する驚異的な演奏を見せてくれました。
しかしやはり恐ろしいのは、まだ彼はこの時点で発展途上の年齢であるということで、一年後、二年後とどんなプレイをしているのか。考えるだけで震えが止まらないです。
G.O.D.IIIが出る頃には、さらに信じられないくらいの輝きを見せてくれることでしょう!(Mitsuyo)

この曲に関してはイントロのリードを弾きこなしていれば(ry
彼の演奏を見て誰もが思うことでしょうが、今後が本当に楽しみです。
18歳でこれはちょっとうますぎるのでなんとかしてくれませんかね(大和)

動画では高いコピー度で演奏して頂きこれが今の高校生か・・・と
メンバーを唸らすプレイが聴けましたが
なんと本戦では曲の節々に自分のアレンジを入れてきて
ワタクシ更に大興奮(汗)完全にオリジナルで弾いてくれた
ソロは原曲の世界観を崩さず更にインターバリックに
攻めて頂いて感無量でした、ありがとう!
今後の発展が凄く楽しみです。(Oka Satoshi)

An Escapeでは岡さんの癖のあるアーミング・特徴的なインターバルフレーズを的確に再現し、Free WingではAZさんのエモーショナルさにひけを取らない、繊細でありつつも圧倒的なニュアンスで、はじめの一音からうるっとくる素晴らしい演奏を披露してくれました。決勝本番の演目はAn Escapeでしたが、緊張による焦り・ミスが散見されたものの終止笑顔を絶やさぬように努め、堂々と弾ききろうとしているその姿に感銘を受けました。ギターという楽器が、ギターを弾くという行為が、音楽がどうしようもなく大好きなのだという熱い想いが籠められていたように感じました。(ぎぶそん)


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.