リズムは概ね問題ないのですが 要所要所でピッチが上に外れてしまっているので 自分の音をより客観的に分析しながら弾けるように なると良いでしょう。 ディレイはもう少し薄い方が バックトラックと空間がマッチします。

タグ: