My Dear / tomo

まさかのヴァイオリンとギター両方でのカバーでした。
しかもいずれの楽器も非常に細かく表情が付けられております。
ギターに関してはビブラートの速さやグリスの挿入箇所、
ピッキングの強さや深さ等が思慮深く練られており、
元々がベーシストということを鑑みると
正しくマルチインストゥルメンタリストと呼ぶに相応しい
カバーに仕上がっています。


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.