Deep Deep Inside / JIRO

まさかの立て続けのエントリー。
SEASONSでも見せてくれたタイトなリズムのプレイは
Deep Deep Insideでも存分に発揮されています。
ロングノートのビブラートの周期や音程、
掛け始めと掛け終わりが安定すれば
より隙の無い演奏になるのではないでしょうか。


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.